prev / next
 
woh woh / 七夕の願い事 / 2022-7-7 21:25:19
今日は七夕ですね。
私の住む地方は月遅れの8月7日なのですが
小田さんがツアー2018、地元でコンサートして下さった時に
ご当地撮影で立ち寄られた場所で
七夕の短冊に願い事を書かれました。
“ツアーが無事終了しますように”と。
小田さんはきっと今年も同じ願い事なのでは?と思います。
顔文字も書かれていて、とっても意外でキュンとしてしまいました。
後日、私も同じ所へ行き、小田さんが選ばれた薄緑の短冊に同じく緑のサインペンで
“小田さんが現役で長く歌い続けてくれますように”と書き
小田さんの短冊の近くに結び二枚並べて撮った写真は宝物です。
4年前の願い事は今もしっかり叶っています。
小田さん、どうもありがとう。
本当に幸せです。
 
キャッチ / 今日は七夕 / 2022-7-7 20:30:9
今日は七夕ですね
上弦の月でもあります。
PRESSもモバイルもチケット申込み締め切り日でもありました。

短冊には書いていませんが「どうかチケット当たりますように〜」(^^)/とお願いしました。
みんなの願いも届きますように〜
\(^o^)/
 
すずりん / うたう / 2022-7-7 18:29:27
今日の1年生のおんがくのじかんは ”うたのテスト”。
今時の “うたのテスト” ってどんな風にするんかな〜と興味津々・・
いつものように、女の子の傍らで一緒に授業を受ける。

曲は,前回からの練習してきた ”かたつむり”
面白いことに、教室の端の席のこどもから
“ 最初の子・立つ・1番歌う →(伴奏)→ 次の子・立つ・1番歌う → (伴奏 )→
と、数珠つなぎのように次から次へと、一番だけを歌い続けるのである。
(すごい ”うたのテスト” 方法に少々びっくり!笑)
先生の説明を聞くこどもたちは、” なんかよくわからん〜” って表情・・

「今日の歌が、今までで一番上手〜!!って思って歌ってね〜。」
という先生の言葉とともに “うたのテスト “ はスタートした。

“ かたつむり” の歌が次から次へと途切れることなく歌われる。
なんて面白い “うたのテスト” ^ー^笑  

わ〜順番が回ってくる〜、ドキドキしながら待っているこどもたち。
私は、立膝をして、歌うこどもたちを一人一人、見上げていた。

うたはどんどん歌われていく
するとなぜか、みんなが手拍子し始めて・・
そのうち、みんなが一緒に歌い出した・・
え? テスト?? やんな〜^ー^笑  
みんなが歌うから、誰が歌っているのかわからない〜笑
なのに、みんな達成感でいっぱい!


手拍子しながら見上げる視線・・
「あれ?この風景?? そう!そういえば、小田さんのコンサート
ほんと目の前で ”夏の日” をうたう小田さんをドキドキしながら
私!見上げて手拍子してた!!


小田さんが小学生の頃の、うたのテストってどんなんでしたか?
私、想像してしまいました 笑
今、たくさんのファンの人たちが見上げて手拍子する中、歌う小田さん
どんな気持ちなんかな〜? って思ってしまいました。

「今日の歌が、今までで一番上手!!って思って歌ってね〜。」
先生の言葉が、素敵に心に響いた今日です。
 
時代 / オープニングフィルム / 2022-7-7 16:51:6
小田さん、スタッフの皆さん、小田さんを応援する同志の皆さんこんにちは(^^)
ツアーも開始から早や1ヶ月が過ぎ、次は北の大地北海道ですね。私のツアーデビューとなるのは真夏のテアトロン、唯一の野外公演に向けて、ホテルや駐車場やシャトルバスのチケットの手配を済ませ、暑さ対策グッズなどを着々と準備しています。
テアトロン公演2days参加できることを喜びに、心の支えにして日々忙しく過ごしています。
そして、完全に小田さんモードになって、前回ツアーのBlu-rayを何度も何度も観て、自分の中で勝手に盛り上がっています♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪。
小田さんのライブでオープニングで流れるフィルム、改めてあれは良いですね(^^)。特に前回ツアーのオープニング、何でだろう、あれが流れると、前回参加した各箇所でグッときて、涙が自然に流れて止まらなかったのですが、Blu-rayを観ていてもそれは同じ。私の脳に刷り込まれてしまったのでしょうか(^_^*)。それぐらい前回ツアーのオープニングフィルムは秀逸だった。で、できればお願いなのですが、小田さんのYouTubeチャンネルでも、どういった形でもいいので、過去のツアーのオープニングフィルムをもう一度観たいです。無理なお願いかもしれませんが、ご検討よろしくお願いいたします(^^)。
では、テアトロンで今回のオープニングフィルムも楽しみにしています。
 
yuki@donguri / もういちど / 2022-7-6 22:20:28
郡山に参加した時は小田さんがとても遠く感じ、それは会場や席位置とかではなくて。
一緒に歌う事、声を出す事も出来ないという今までのコンサートと違う雰囲気のせいだったのか。
その雰囲気の中で行わなければならない小田さんもとっても大変な事なんだろうなとの思いなのか。
新潟の会場からは、それでもコンサートは楽しいと気持ちを伝える為に手拍子、拍手、そして沢山手を振りました。
大阪二日目はスタンド最後列から。会場全体に映し出される照明がとっても美しくて銀の雨が降った時も
下から見るのとはまた違って、昔見ていたダイヤモンドダストのようで幻想的でした。
歌声は勿論素晴らしくて、花道を走り出した時は嬉しくて身を乗り出し両手を挙げて拍手してました。
やっぱりコンサートは最高に楽しいです。もういちど小田さんと一緒に歌いたいです。
田舎で育った私は小田さんのコンサートに参加するようになった時が初めての新幹線で、
乗る前にホームで先頭までいって車両の顔を見に行くという園児のような事をしました。
今回はそうだ、グリーン車ってどんなだろう?と思いグリーン車も経験しました。
新潟駅で降りた時にホームからこちらにカメラを構えている方がいて驚きましたが、
私の後に降りてこられたバンドメンバーの方達を映されていたのですね。
それも楽しい思い出のひとつになりました。
人は生まれた地域、環境でそれぞれの普通というものがあると思いますが
この歳でまだ生まれて初めての経験ができるって楽しく幸せな事ですね。
バンドメンバーの方のインスタで拝見しましたが小田さんもスマホにされたようですが慣れましたか?
何でも出来て便利な物ですが、私はつい最近も電話で大切な通話中に画面を誤って触ってしまい切ってしまったりと、、、

次は札幌、ふるさと思い出の地を巡ってから笑顔で小田さんに会いに行きたいと思います。
感染数が激増していますが皆さんの健康と、最後までツアーが無事に開催されますよう祈っています。
prev / next